テカリ肌だからといって皮脂を取り過ぎるのは逆効果!?

インナードライ肌の可能性があります

肌に皮脂が多く浮いている人は、とにかく皮脂を取り除こうとあれこれ手を尽くします。しかし、その行為がかえって皮脂の分泌を促していることもあるのです。オイリー肌の人が行いがちな行為は、油取り紙を使って頻繁に皮脂を拭くこと、洗顔をするときに顔を洗い過ぎることなどが挙げられます。

皮脂は、肌の表面を外部の様々な刺激から守るために必要な成分です。そのため、皮脂を取り過ぎてしまうと肌のバリア機能が衰えてしまい、刺激を受けやすくなてしまうのです。洗顔をするときに顔を洗い過ぎることも、皮脂を過剰に取り除くことになるためよくありません。

肌の内部が乾燥していると、肌の表面を守るために皮脂が分泌されます。内部が乾燥していることで、皮脂が多く分泌される肌のことをインナードライ肌といいます。

インナードライ肌のスキンケア方法

インナードライ肌になる原因は、肌の内部が乾燥していることにあります。したがって、化粧水や乳液などできちんと保湿をすることが大切なのです。ヒアルロン酸やセラミドは、肌内部の水分を保持しておく力が高いです。そのため、インナードライ肌の人は、ヒアルロン酸やセラミドが配合されているスキンケア用品を活用するとよいでしょう。

肌が改善されるまでの間は、どうしても皮脂が浮いてしまいます。そのときは油取り紙を使って皮脂を拭き取るのではなく、ティッシュを使って皮脂を拭き取るようにしてください。ティッシュを使用することで、過剰に皮脂を取り除くことを防げます。

品川美容外科の2chまとめサイト